焼き芋大学

YAKimo-SWEETSオーナーブログ。マーケティングやブランディングを自分なりに発信します。

今年の風邪は長かった!

こんにちは。

実は、元日~つい昨日まで、精神的にか何なのか、分からない、微熱と咳が止まらない症状が約2週間続きました。

何なんだろう??

不安になり、1週間前にPCR検査へ行きましたが陰性・・・

病院に行くと、「風邪」だったので、薬をもらい、寝ていました。

何か、風邪とは違う、変な症状でした。精神的に来ている事なのか、それとも肉体的にきているのか。症状として、まったく何に対してもやる気が起きないといった症状でした。まあ、今日はしっかりと戻って、仕事をしております。

みなさんも、風邪にはお気を付けください。

 

というこてで、今日は年始始まって第一段となりましたが、

前述のとおり、まずおかしいなと思ったら「休む」ことが大事!

今回、約2週間休んだおかげで、自分の仕事に対しての時間配分・効率が完全に悪かったなと思いました。

 

これは何かというと、「ダラダラ」「時間も決めずに」を繰り返していました。

やはり、何事もダラダラはダメ。とても痛感しました。

そして「ダラダラ」と「後延ばし」は、これセットなんだなと思いました。

これも当たり前かもしれませんが、

「すぐにやらない」→「ダラダラ考える(と同時に、この時点で後延ばしになっている。)」

これを繰り返すと、考えない自分が生まれる。

「後で」を無くす重要な考え方は「因数分解」と考えました。

「ダラダラ」の原因は

・めんどくさい。

・先に(今)やらなくてもいい。

 

ならば、めんどくさい原因を突き止める。そしたら、答えが見えてきました。

原因1・・・1日の計画を立てられていない為、何にでも手をつそのためにけてしまう。

原因2・・・優先順位を組めていないので、行き当たりばったりに動き、結果何も手つ     

      かずのままに終わる。

原因3・・・期限、時間を設けていない。

 

でした。

 

何事も、やはり目的・なぜやるかを考えなければ、絶対いい結果なんて生まれないし、

目標までたどり着けない。

ならば、簡単。1日の目標を立て、必ず終わらせることを4つ書く。それ以外は「しない」と決める。そうすると「重要で今しないといけない事、重要ではないが今しないといけない事、重要だが今しなくても良い事、重要でもなく、今しなくても良い事」

に分けられる。そうなると、必ず今しないといけない事が明白になり、必死になれます。

 

ただ、ここでポイントが「4つ」行う事を書く事、決める事が重要です。

人間、数字を決める事は本当に重要だと思うし、まず目標を決める→数字を立てて実践していく。これを、今年は先延ばしをせずにやっていきたいと思います!

 

では、今日も頑張りましょう!

今日アルバイトさんの面接です🤗

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年はこんな感じの1年でした。

こんにちは。

今日は26日。もう来年が迫りくるところまできていますね。

みなさんにとって、今年はどんな1年でしたか?

僕にとっては、すごくHAPPYな1年であったように感じます。

 

というのも、2019年に会社を立ち上げ、コインランドリー、飲食店、不動産等々、色んな事を勉強して進んできましたが、今年、僕は自分と最大限に向き合わなきゃいけない課題に直面しました。それはというと・・・

 

「自分の事を知ったうえで行動する」ということです。

今まで、何もかも、何でもできる自分がこんなことあんなことを考え行動してきましたが、僕は思ったんです。「己を知り、敵を知る。」そう、まずは己の分析もできないままに何か始めたって、到底、自分の理想像が運営しているので、必ずどこかでつまづきますよね。つまづいて気づくのは大切な事なんだけど、そこで大事なのが、「現状と理想のギャップを分析し、埋めていく作業をしなくちゃいけないという事。

 

これが、僕はすこぶる苦手なんです。「行動」はできるが、「考動」ができない。

三国志で例えると、敵がどんな武器を持っているのかも分からないのに、自分は武器も持たずに戦場に行くみたいな。そんな事をしていました。これは、絶対に上手くいくはずなんてない。本当に考えないとまずいなと感じています。

 

己を知り、その地に適した戦略を考えていく。「やればできる~」だけで突っ走るパリピは、もう終わりにして、「しっかり学び、正しい努力をし、戦略戦術をもって行動する」これを、来年、具体的に実行していこうと思います。いや、やります。

 

なので、そこのやり方、探して探して、そしてある程度の利益を出せる用、頑張っていきます!ということで、今年1年、お世話にました方々、本当にありがとうございました!また来年も宜しくお願いします!

 

と言いたい所ですが、あと数回書きます。そこでは、もう少し行動に落とし込む上での具体策・具体的な行動内容を書いていきたいと思います🤗ではまた!

さてさて

考えると

こんにちは。

今日は「さてさて」です。

 

何故さてさてか。

本人も分かっていません。

 

とまあ、自分の思う所の「詰めの甘さ」が往々に出てしまいました。今回。トホホ

というのも、がっちりと「ペルソナ」を決めていたにも関わらず、スケベ心で出店した結果、思っていた以上に壊滅的な数字の運びとなっております。

ここは、しっかりと自分の中でかみ砕く事が重要で、「やらない」事を徹底的に行わないと、結果、自分のブランドが傷つきますよといったところです。

 

勿論、やってみないと分からない事はある。

だけど、分かっていたはず。なのに、自分のスケベ心が顔を出して、散々な結果になった。。。。これは、絶対に「やらない事」を決めていない自分の怠惰なのです。

 

と、ここまでは過去の事で、もう少し視座を広めると、世の中に何故「マーケティング」や「ペルソナ」があるのか。そういった事を考えていくと、当たり前の話ですが、

世の中に「ハマる」「うける」所はきっちりあるはずで、そこを無視して、とにかく

「何となくやってみる」は、絶対だめだと猛反省。

ましてや、ペルソナをがっちり決めているのに、そこに向かっていかないと、何を大事にしてるこっちゃ分からない。時間・労力・お金の無駄になることは間違いない。

これからは、「百貨店」及びいわゆる「高単価・良い物」を置いている、扱っている所でしか勝負しないと、重々心に決めました。

やはり大事な事は、当たり前ですが・・・

「うける所に行く!」「取りに行く!」をしなければ、大けがをすることを確信いたしました(笑)ということで、本日は自分の行いを正せという、僕自身へのメッセージとして終わりたいと思います。

 

ギフト需要なんかありゃーせん(笑)

 

 

 

継続取引がいいね!

先日、映画を見ました。

タイトル【幼い依頼人】これは、本当にリアルにこの世の中に行われているのか・・と思うと、本当に辛くなる、と同時に、人間の闇が写し出された作品でした。

韓国映画で、韓国映画は、本当に感情を出すのがうまい。役者さんの演技力は、本当じゃないかってくらいに。そちらの感想もしかりなのですが、一度、この内容を見ていただきたい。

内容は、児童虐待の話なのですが、この話、本当に目を背けたくなる内容でした。もう、中身は言いません。見てください。しかも実際にあった、実話をベースにしている話なんですね。

実際の話を検索して見てみると、これまた映画の1.5倍ほどきつい内容でした。でも、映画であれだけなのだから。実際はと思うと・・トラウマ級でした、、、

と、映画感想でしたが、ここから、お仕事の話を。

ーーー映画紹介は以上です。雑談でした。ーーーーーー

本日、某老舗本のお取り寄せギフトの件で、商談がありました。

スポット企画であったので、2ヶ月くらいのお仕事ですが、数字が良ければ恐らく来年もお声かかると思います。

ですが、ここからは、定期的にお取り引きできるbtobを目指さなければ、いけないし、例えば、2月~3月に始まる、郵便局の産直ギフトなんかは、超スポット企画になってしまいます。

そして、長期目線で、ギフトのお取り寄せにのせてもらえると、ある程度は数が読める。

発注も、数字も、あらかた読めるが、スポットだと、本当に出たとこ勝負なので、上下の幅が分からないですよね。

あと、もう一つ、仕入れが秋のみになるので、一年間のあらかたの数字を、この季節(2~3ヶ月くらい)の間に出さなきゃいけないので、一つ、パチッと決まった所と複数、取引しないといけないですね。

とはいえ、こうなると、小ロット、多出荷になるので、

配送料の問題等々もありますが、いまは多くの人に

もっともっと、知ってもらう時期なので、とにかくバットをいっぱいふっていきたいと思います。

そんでもって、来年の買付は、最低3トン、買いたいと思っています。(金額でいうと、90万くらい、商品価格で、1000万くらい)です。これくらいは、いかないと、と思うと、あのキャパでは無理だし、場所の問題も出てきますが。

どうしても、時期商売になりがちですが、通年、美味しく食べられるスイーツとして、製造、販売ししていけるよう、営業にも頑張っていきたいと思います。

来年26、27日に、インデックスで商談会が決まりました。これは、前回に引き続き、btobの、こっちがブースを構えるバージョンです。2日間ですが、ガッチリとこのとき、バイヤーをつかもうと思っています!

そのために、もう少し仕入先、商品コンセプト、他展開を横広げできるよう、考えます。考えます。考えます。

めちゃくちゃ考えて、美味しいものを、たくさんの人に届けられるよう、しっかりと目標と着地点を明確にして先のお客様に認めてもらえる、商品作りをがんばっていきましょー!

答え探しと改革

今回は、パフェでいこうかなと思っていましたが、イベント内容をガラッと変えての出店となります。

 

まず変更点

<パフェを辞めて…>

①焼き芋はちみつレーズンバター

➁シナモン風味の焼き芋ジェダーチーズ

となりました。

両商品ともに、それ用に1袋100Gで作っています。

あとは、カップに乗せて作業するだけ。

 

----説明----

①焼き芋はちみつレーズンバター

こちらは、焼き芋「プレーン」を使用します。

下から順番に

1.焼き芋をカップ

2.バターをのせる。

3.バターを温めてよいか聞く。

 温⇒レンチン

 no⇒そのまま

4.はちみつをかける。

5.レーズンをのせる。

6.カップ、おしぼり、スプーンフォークをつけてお渡し。

 

➁シナモン風味の焼き芋ジェダーチーズ

こちらは、シナモンを使用します。

下から順番に

1.焼き芋を半分カップに。

2.mixチーズをのせる。

3.残り半分をのせる。チェダーチーズをかける。

4.温めてよいか聞く。

 温⇒レンチン

 no⇒そのまま

5.パセリをかける。(ふる)

6.カップ、おしぼり、スプーンフォークをつけてお渡し。

 

こういった感じになります。

ここで、シナモンとプレーンを両方持っていく理由は、2つ。

1.嫌いな人もいる。なので、どちらでも対応できる。(予想はシナモン多いと思う)

2.プレーンをシナモンとしてもその場で味付けできる。

といった点です。

 

あと、物販ですが

1.レーズン

2.シナモン

3.はちみつ

の三種を持っていきます。

ここで注意点!

※物販商品は、必ず「裏表示ラベル」を張ってください。

 

できればギフトに持っていく、高単価に持っていく(全然期待はしていないけど笑)

といった感じで販売してういこうと思っています。

もちろん!試食も用意していますので。

あとは、まるいさんに従って、ルールを守るだけです。

では、今日はこの辺で~(^^♪

 

 

売り上げが減る理由

こんばんは。今日は、滋賀県は雨です。

今日は、売り上げが減る理由について考えました。

当たり前のことかもしれませんが、モノを売る、サービスを提供するには、「仕掛け」

が必要で、例えばキャンペーンや、お客さんに何かしらの役に立ち、喜んでくれる

サービス提供する仕掛けが必要ですね。

 

それもしないまま、ある程度軌道に乗ったからと言って放っておくと、売り上げは下がる。何かしら、こちらもメリットがあり、お客様もメリットがある、win-winの仕掛けを作っていかなくてはならない。そこを面倒くさがると、「現状維持」になってしまい、+@のサービスが提供できなくなるのではないかなと思っています。

 

何か、できることがないかを考え、面倒くさがらずに行う。

なんでもそうなんですが、物事を始めるときや、新しいことを取り入れるときは、大きなエネルギーがいります。そのエネルギーは、最初持っていた当初の思いや開業にあたっての意気込みが往々鬼あるのですが、時がたつと忘れてしまうことがある。

そうならないように、日々営業していく中で、まず自分の気持ちを「絶対肯定」してあげること。

そして、常に好奇心を持ち、トライ&トライを繰り返すこと。そこがかけてしまうと、ぐったりしておろそかになってしまう。

もちろん、メリハリをつけることは大事なのですが、集中するときは集中し、映画を見ているときも、お風呂に入っているときも、常に自分の心の中においておく。潜在的に考える。その習慣をつけておけば、ある時に「こんなの面白そうだな」のひらめきがふと降りてくる時がある。

 

そこが重要で、考えが深ければ深い程、考えが1つ、2つ、3つと、ポンポンと浮かんでくる。なので、常に「考える」ことを辞めず、ポジティブで自分に対して「絶対肯定」で新しい事や企画を始めたいですね。まず行動して、行った結果は、すぐには表れないけど、確実に何かの形になって返ってくる。

 

まとめると

①企画を考える(大きくふわっと)

⇒お客様にとってのメリットを重点的に考える。

 それと同時に、浮かんできたアイデアとリンクさせる。

 

➁企画を絞り込む(さらに具体的に)

⇒アイデア出しから、今の状況と併せた具体的な企画を絞り、考えていく

 

③企画の作成

⇒POP作成、資料作りなど。

 

④実行

 

⑤実行でうまくできなかったことを改善して、試す。

の繰り返しかなと思っています。そこで見つけた新規さんは、うまくアプローチであったり、お客様の状況にあったサービスを提供できると、2回目も来てくれる可能性が広がる。まずは、何かしらの考えをもち、恐れず、面倒くさがらずに行動する!

そして続けること!それが生き残ることだと信じて!

 

 

 

 

 

 

絶対的な自信がある商品をもって

おはようございます。

更新が遅れてしまいました。すみません。

 

今日のお題は、「絶対的な自信がある商品をもって」です。

これは何かというと、当たり前のことなのですが「絶対自信のある商品を売る!」

ということです。

要するに、自分が「これはいける!と腹の底に落とし込んだ商品しか売っちゃいけない」ということです。

 

よくあることが、商品を製造するにあたり、例えば砂糖・塩・みりん・お酒等

を入れて作る商品の規定分量というのは必ずあると思うのですが、そこに最低限重視しないといけないのが、「規定通り行う」ことです。いえば、目分量で商品を作ってはいけないということです。「めんどくさいからいっか」とか、「これくらいなら」では、絶対に自分の気持ち以上の商品は生まれないと思っています。

 

これは、商品が出来上がった段階の製造の話ですが、まだ世に出していない製品に関しては、試行錯誤の連続で、考えて考えて、考え抜いた結果、「ふと」天からアイデアが降りてくる。この状態というか、この感覚の時、もう一歩考え抜くと、本当に自分の求めていた、心底から出会いたかったアイデア・商品に出会える。いうなれば、潜在意識が顕在するということです。そこからのアイデア拡散であったり、商品開発は、面白いほどに進むのですが、必ずその先のお客様の顔を、使用しているときの情景を思い浮かべながら、仕事(製造)する。そうすれば、思いが乗った本当に良い物が生まれる。

 

新しい物を作りこむときというのは、本当に考えることがいっぱいで、苦しい時がいっぱいあるのだけど、やはり「何のためにこの商売をしよう」と思っているのか、何を目的として自分は、この商売をするのか?ここの幹の部分はだんだんと忘れがちになってはならない。そこを強めれば強めるほど、自分の取りたいマーケットや取引先が明確になり、また、違った形で、同じ気持ちを持った方との出会いがあったりする。

 

なので、しっかりと自分の中の「目的」「思い」はしっかり持ち、商品と顕著に向かい合い、トライ・トライを繰り返し、心から良いと思える商品を、「食べてもらいたい。」「自分だったら絶対買う」ということを確信的にもって、お客様に届けるようにしていきましょう。

反対に「自分が食べても(使用しても)おいしい・(便利だ)と思わない商品は売れないし、気持ちが続かない。なので、そこは確実なものを作って、(最低限)スタッフや営業に熱をもって理解・説明して。みんなが「いける」という心構えで販売していきましょう!